渡辺棋聖、迎撃準備OK 王座戦後そのまま“アウェー”大阪に滞在

[ 2020年7月16日 05:30 ]

第91期棋聖戦5番勝負第4局 ( 2020年7月16日    大阪・関西将棋会館 )

渡辺明棋聖
Photo By スポニチ

 渡辺棋聖は13日に関西将棋会館で王座戦挑戦者決定トーナメント準決勝を戦った後は自宅のある東京に戻らず大阪に滞在。「アウェー」ながら「ホーム」の藤井を迎え撃つ形だ。

 その王座戦では強豪の豊島将之竜王・名人(30)を下して決勝進出を果たすなど好調を維持。棋聖戦第4局に向けては「相変わらず苦しい状況ですが、精いっぱいやりたいと思います」と自身のブログにつづっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月16日のニュース