巨人・坂本 今季初1番で復活2発!20打席ぶり快音から3安打「いい結果が出てホッとしています」

[ 2020年8月13日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人8―1ヤクルト ( 2020年8月12日    東京D )

<巨・ヤ>6回無死、この日2本目となる左越えソロを放つ巨人・坂本(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 首位の巨人は12日、ヤクルトに大勝し、連敗(1分け挟む)を3でストップ。過去5試合連続で5安打以下と貧打が続いていたが、打順の大幅変更で昨年5月以来の1番に座った坂本勇人内野手(31)が2回に20打席ぶり安打となる一発を放つなど2発を含む3安打と復調した。

 「はじめまして~」。坂本は少しおどけた笑顔で画面に現れた。新型コロナウイルス感染防止のため、試合後に行われる恒例のオンライン取材。打撃が低迷していた影響で43試合目で初登場となった。「まずは1本出て良かった。いい結果が出てホッとしています」。素直な思いだった。

 2―1の2回2死二塁。真ん中のスライダーを捉え8号2ラン。右肩が下がらないフォロースルー。通算2000安打も視野に入れる坂本の本来の打ち終わりの形だ。試合前のフォーム修正が奏功し、5試合、20打席ぶりの安打が左翼席に低い弾道で突き刺さった。

 やはり「強打のリードオフマン」の称号がピンとくる。貧打を打開するため原監督は打順を大幅変更。試合前まで打率・226の坂本だけでなく、昨季から主に2、3番でコンビを形成し、同じく打撃不振の丸も対象となった。坂本は昨年5月4日以来の1番、そして丸は6番。実に466日ぶりに「サカマル」を解体し、パーラも初めて2番に据えた。

 指揮官がメンバー表に込めた強い思い。坂本は「こういう状況でも1番を任されたということは“何とかしてくれ”というふうに感じた」と感謝する。6回も左翼席に9号ソロで今季初の1試合2発。7回も中前打で、今季4度目の猛打賞だ。

 不振の日々も主将の役割を果たした。9日の中日戦から円陣の声出しを担当。「活躍した人に、このアップルウオッチあげます!」と炭谷の私物を勝手に拝借して笑いを誘った。この日も「エンジョイベースボールで頑張っていきましょう!」とナインを鼓舞した。チームに不可欠な存在。それが坂本だ。(青森 正宣)

 ○…坂本(巨)が2本塁打を含む3安打。1試合3安打以上の猛打賞は通算155度目となり、谷沢健一(中)の154度を抜くセ単独8位に浮上した。現役では内川(ソ)の162度に次ぐ2位だ。また、マルチ本塁打は、昨年9月20日DeNA戦以来通算14度目。巨人では王貞治の95度(史上最多)が最多記録だが、14度は青田昇、清原和博、小久保裕紀に並ぶ球団7位タイになった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース