阪神・近本 11試合連続安打 8月の月間打率・435はリーグトップ

[ 2020年8月13日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神7-6DeNA ( 2020年8月12日    横浜 )

<D・神(12)>4回2死一、二塁、近本は右前適時打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 8月に入って絶好調である阪神の1番・近本が2安打1打点と機能し、連続試合安打は「11」に伸びた。

 「負けている場面で得点圏にもランナーがいたので“絶対にランナーを還す”という気持ちで打席に入りました。いい結果になってよかったです」

 2点を追う4回2死一、二塁で存在感を発揮した。直前の青柳が送りバントを失敗(記録は一ゴロ)。その暗いムードを、バットで振り払った。2回2死二塁で三振に倒れた雪辱を果たし1点差に迫る右前適時打。続く中谷の決勝3ランも、お膳立てした。

 先頭で迎えた8回も左前打を放ち2試合連続で今季11度目となる複数安打を記録。8月の月間打率・435とリーグトップを誇る「夏男」が、猛虎反撃の先頭に立つ。 (惟任 貴信)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース