ロッテ・岩下 3ラン被弾などで5失点に言葉少な「不甲斐ないです」

[ 2020年8月13日 21:13 ]

パ・リーグ   ロッテ―日本ハム ( 2020年8月13日    ZOZOマリン )

<ロ・日>ロッテ先発の岩下(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテの先発・岩下は5回を7安打5失点。今季4勝目を手にできず「不甲斐ないです。それしか言葉が出てきません」と球団広報を通じてコメントした。

 1点を先制してもらった直後の3回、連続四球などで1死満塁とし、渡辺の中前2点適時打で逆転を許す。

 5回には1死から中田、渡辺の連打で二、三塁とされ、横尾に左翼への3ランを許した。

 チームは5回に1イニング3本塁打で1点差に迫ったが、岩下はその回を限りにマウンドを降りた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース