大谷翔平 3打数無安打1四球で4試合連続安打ならず、チームの連勝はストップ

[ 2020年8月13日 08:28 ]

ア・リーグ   エンゼルス4―8アスレチックス ( 2020年8月12日    アナハイム )

エンゼルス・大谷翔平(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)が12日(日本時間13日)、本拠地・アナハイムでのアスレチックス戦に「5番・DH」で先発出場し、3打数無安打1四球で4試合連続安打はならなかった。チームは4―8で敗れ、連勝はストップした。

 ア軍先発右腕バジットと対戦した初回無死からの第1打席は外角球にタイミングが合わず中飛、4回無死からの第2打席は空振り三振に倒れた。2番手左腕ディークマンと対戦した6回2死からの第3打席は四球で出塁。9回無死からの第4打席は4番手右腕ヘンドリクスと対戦し左飛に打ち取られた。

 前日11日(同12日)の同カードでは、4回と5回に右前打を放ち、3試合連続のマルチ安打をマークするなど4打数2安打1四球1盗塁と活躍。チームの今季初の連勝に貢献していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース