中京大中京・高橋宏 大学進学が基本線もプロ志望届提出ならドラ1確実

[ 2020年8月13日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   中京大中京4-3智弁学園 ( 2020年8月12日    甲子園 )

<高校野球交流試合 中京大中京・智弁学園>雄叫びを上げて力投する中京大中京・高橋(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 2試合が開催され、昨秋の神宮大会王者・中京大中京(愛知)が延長10回タイブレークの末、智弁学園(奈良)にサヨナラ勝ちした。最速154キロ右腕の高橋宏斗投手(3年)は初めての聖地で実力を存分に披露。9回にこの日最速153キロを計測するなど、10回3失点で完投勝利を収めた。チームは昨秋から公式戦負けなしの28連勝。「最強」を示し、有終の美を飾った。 

 プロ志望届を提出するかについて高橋は「自分の中でその選択肢はあると思います」と話した。以前から明言する進学希望を基本線に、選択の幅を広げて熟慮していく。

 ネット裏で視察したプロのスカウト陣は、一様に高橋の能力を高く評価した。オリックス・牧田勝吾編成副部長は「こうすればスピードが出るという方法が分かっている」と話し、DeNA・河原隆一スカウティングディレクターは「安定して150キロ台が出るのがすごい。何回見に行っても球速が出ている」と舌を巻く。高いレベルで安定する投球を最大の魅力に挙げた。

 プロ志望届を提出するとなれば、争奪戦となることは必至。地元の中日・山本将道スカウトは「出せば、当然1位候補の一人」と断言し、日本ハム・山田正雄スカウト顧問は「届を出したら入札するくらいの力を持っている」と能力にほれ込む。高橋は「大学でしか学べないことも多いし、プロに行けば大学では学べないこともある。メリット、デメリットを理解して考えていきたい」と慎重に決断を下す構えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース