“坂本2世”ヤクルト武岡 プロ初打席初安打!代打で菅野撃ち「凄く緊張した」

[ 2020年8月13日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト1―8巨人 ( 2020年8月12日    東京D )

<巨・ヤ>3回無死、プロ初安打となる二塁内野安打を放つヤクルト・武岡(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト6位・武岡がプロ初安打を放った。この試合で1軍初昇格。4点を追う3回無死から原の代打で登場し、菅野の外角低めに沈むフォークボールを引っかけたが、快足をとばし二塁内野安打とした。「凄く緊張した。球界を代表する菅野さん(が相手)だったので、とにかくがむしゃらに食らいついた。必死に走った」と振り返った。巨人・坂本と同じ八戸学院光星出身。試合前にグラウンドであいさつし「頑張って」と声を掛けてくれた先輩の目の前で結果を出した。

 チームは敗れ3連敗となったが、ルーキーの奮闘に高津監督は「失敗を恐れずにしっかりスイングしてくれた。良い結果を出してくれた」と目を細めた。(黒野 有仁)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース