阪神・中谷がはまる趣味 藤浪も予想外「すぐ飽きると思った」

[ 2020年8月13日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神7-6DeNA ( 2020年8月12日    横浜 )

<D・神(12)> 2番打者として出場して大活躍の中谷(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】グラウンドで狙うのが豪快な本塁打なら、海の上では唯一無二の“ランカー”に照準を定めている。今オフから気分転換に始めたのがルアーフィッシング。「ずっと趣味がなかったので」という27歳にとって、程よい気分転換になっている。

 魚種、潮の流れ、風…あらゆる条件を読んだ上で数ある中からルアーをチョイスし大物を狙う。元々、凝り性ではなかった男が今では多種多様なルアーが収められた“宝石箱”のような道具箱を持つまでになった。一緒に釣り糸を垂らす後輩の藤浪も「すぐ飽きると思ったんで。まさか中谷さんが釣りにハマるとは」と驚いている。

 野球に生きるとは言わないが、獲物の一歩先を読みながら、あらゆる策を講じるのは打席でのアプローチに似ているのかも。当面の目標は80センチ以上のスズキ。こちらも本塁打級の価値がある。(阪神担当・遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース