“泣くな”智弁学園・西村 高橋宏と互角の投げ合い 来年こそ栄冠は君に輝く

[ 2020年8月13日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   智弁学園3-4中京大中京 ( 2020年8月12日    甲子園 )

<高校野球交流試合 中京大中京・智弁学園>サヨナラ負けに涙が止まらず、ナインに慰められる智弁学園・西村(中央)(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 6回終了時点で、ちょうど高橋と同じ100球。智弁学園のエース左腕・西村王雅は足並みをそろえるかのように、一歩も引かなかった。サヨナラ負けを喫したが、完投で自責点は高橋より少ない2。見事な投球だった。

 「自分が投げ合えるとは思っていなかった。6回が終わったぐらいから、絶対勝つぞと思っていました」

 3年生と戦える最後の試合。気負いと焦りもあり、初回に4安打を集中され3点を先行された。だが、2点差に迫った4回2死満塁では右前へ同点の2点打。「あれで緊張がほぐれた」。その裏を3者連続三振に仕留めると、完全にリズムに乗った。4回以降はわずか1安打。「持ち味は強気」というだけあって、1球ごとに「ヨッシャー!」と絶叫しながら熱投を続けた。父・基治さんも90年夏に平安(現龍谷大平安)の2年生エースとして甲子園に出場。この日の最速は高橋より15キロも遅い138キロでも、投手は球速だけではないことを証明し、父親譲りのセンスを改めて感じさせた。

 奈良県の代替大会は3年生だけが出場。敗戦の瞬間は本塁付近でしばらくうずくまり悔しさをあらわにしたが、公式戦から遠ざかっていたことによる調整の難しさは「なかった」と言い切る。「こんな強い相手と戦えて、みんな実力を知ったと思う。一から新チームをつくり直して、春、夏とも日本一になりたい」。1年夏から4番を務める前川右京も2年生。来年の聖地では古都の赤い名門が、旋風を巻き起こす。 (北野 将市)

 《サヨナラ負けにぼう然》サヨナラ負けの瞬間、智弁学園の二塁手・錦織は突っ伏した。タイブレークの延長10回無死満塁。前進守備の後方に上がった打球にはインフィールドフライが宣告されたが、グラブに当てて落としてしまい、三塁走者の生還を許した。「大事にいこうとして…。すぐにホームに投げたけど…。取り返しのつかないことをして申し訳ない」と消え入るような声で話した。だが、チームメートからは励まされ「次のステージ(大学)でもっと練習して、あいつなら大丈夫と言われる選手になる」と誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース