DeNA今年の「STAR☆NIGHT」ユニホーム発表 今永「力強さとスタイリッシュさ感じた」

[ 2020年8月13日 21:24 ]

観覧車を背にスペシャルユニホームを披露する平良(左)と今永(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは13日、9月8~10日阪神戦(横浜)で開催する「YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2020 Supported by 横浜銀行」で着用するスペシャルユニホームのデザイン発表を、よこはまコスモワールドで行った。

 今年のイベントテーマは「Supernova」で「宇宙への航海の旅の途中、新たな力を中心として発生する巨大な爆発、そして爆発によって生まれる新しい星の力強い輝き」を表現。昨年のイベントテーマである「宇宙への航海」から続くストーリーとなっており、昨年表現したスペーシー感は今年も踏襲し、横浜DeNAベイスターズ、そして横浜を中心に広がる宇宙を「横浜ブルー」をはじめ、球団ロゴマークに含まれる様々な青色で表現した。また放射線状に拡散される白い直線を使用することで、力強さと新たな星が生まれる瞬間を表現している。

 モデルを務めた今永昇太投手は「今年のユニホームは、力強さとスタイリッシュさを感じました。新型コロナウイルスにより様々な規制がある中ですが、横浜の街にパワーを届けたいと思います」。また平良拳太郎投手は「今年のユニホームは胸元の文字がYOKOHAMAの“Y”を中心に拡散されている白線に、何か新しいものが生まれるイメージを感じました。いつも以上に“横浜ブルー”で染まった横浜スタジアムで登板できるように、これからの試合も全力でプレーしてチームの勝利へ貢献したいと思います」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース