浦和実、3回戦 豆田は制球面を反省、2回1安打無失点 最速142キロ

[ 2020年8月13日 12:50 ]

高校野球埼玉・3回戦   浦和実14―0南陵 ( 2020年8月13日    さいたま市営浦和球場 )

2回無失点の浦和実・豆田
Photo By スポニチ

 浦和実が初戦に続いて大勝で3回戦を突破した。最速146キロ右腕の豆田泰志(3年)が2番手として大会初登板し、2回1安打無失点。最速142キロをマークし、3三振も奪ったが「球の勢いは良かったけど、コントロールが良くなかった。いい投球ができなかった」と制球面を課題に挙げた。

 進路はプロ志望。「自分の持ってる力を最大限アピールしたい。真っすぐの伸びをアピールしたい」。スカウトの目に留まる快投を見せ、エースとしてチームを優勝に導く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース