ソフトB・松田宣 ピンク手袋のご利益!?今季2度目V撃「大きい一本になった」

[ 2020年8月13日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6-0オリックス ( 2020年8月12日    ペイペイD )

<ソ・オ>8回2死一、三塁、中前適時打を放つ松田宣(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの松田宣が今季2度目の決勝打をマークした。0―0の5回2死二、三塁から左前2点打を放ち、8回にも中前タイムリーで計3打点。「(5回は)チャンスで回って来たので“ここしかない”と思って初球からいった。大きい一本になった」と振り返った。

 この日は打撃用手袋をピンク色に変更し「バッティングはコロコロ変えながらやっているが、これ以上変えるところがないので色を変えようかなと」とお立ち台で笑顔を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース