法大 リーグ史上初のタイブレークでサヨナラ勝ち 青木監督「しびれた試合でした」

[ 2020年8月13日 05:30 ]

東京六大学・春季リーグ戦第3日   法大2―1早大 ( 2020年8月12日    神宮 )

延長10回タイブレークを制し、喜び合う法大ナイン(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 東京六大学野球第3日は12日、神宮球場で1回戦総当たりによる2試合が行われ、慶大、法大が2勝目を挙げた。法大は延長10回1死満塁から神宮初打席となる神野太樹(3年)の中犠飛でリーグ史上初のタイブレークを制した。

 神宮初登場でも法大・神野は落ち着いて仕事を果たした。規定によりタイブレークに突入した延長10回。無死一、二塁から高田桐は三ゴロで1死二、三塁となり次打者は申告敬遠。満塁から中堅に飛距離十分のサヨナラ犠飛を打ち上げた。

 創設95年の六大学史上初のタイブレークに決着をつける一打は自身の神宮初打点。10回表の守備から出場し、裏の攻撃のイメージも万全だった。「絶対に自分が決める。高田(桐)が送って、次は申告敬遠で最後は自分が打つ…」。ほぼ予想通りの展開で巡ってきた打席で試合を決めた。

 「しびれた試合でした」と語った青木久典監督にとっても特別な試合だった。大学時代の監督だった山本泰氏が11日に死去。「僕が1年の時、2時間ノックしてくれて…。守備に自信を持てたのは山本さんのおかげ」と感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース