ロッテ ドラ2の佐藤 約1カ月半ぶりの打点「少し逆方向を意識したのがいい結果に」

[ 2020年8月13日 23:15 ]

パ・リーグ   ロッテ8―6日本ハム ( 2020年8月13日    ZOZOマリン )

7回2死満塁、代打・佐藤が2点中前適時打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト2位・佐藤が6月27日のオリックス戦以来となる打点を挙げた。

 7回に1点を勝ち越し、なお2死満塁の場面で代打で登場。「皆さんがつないでくれたチャンスで打席をいただいた。何とかしたい気持ちだった」と中前に2点タイムリー。「少し逆方向を意識したのがいい結果になった」とうなづいた。
 プロ初打点はサヨナラ打。約1カ月半ぶりの打点となったが、井口監督は佐藤を「かなり状態がいい。いつスタメンで使おうかといつも考えている」と高評価。スタメン出場のチャンスも回ってきそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース