巨人・丸 5年ぶり「6番」で3安打「フレッシュな気持ちで打席に入った」

[ 2020年8月13日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人8―1ヤクルト ( 2020年8月12日    東京D )

<巨・ヤ>8回2死二塁、丸は猛打賞となるタイムリーを放ち、二塁ベース上で手を叩く(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の丸は広島時代の15年8月以来5年ぶりの「6番」で3安打し「東京ドームに帰ってきてフレッシュな気持ちで打席に入った。少しでも挽回できるように」。

 自身ワーストの25打席連続無安打で迎えた5回に中前打を放つと右に、左に打球を飛ばして今季3度目の猛打賞。原監督からは「(6番が)居心地がいいと思われても駄目。やはり2番、3番。うちの看板選手ですから」とハッパを掛けられた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース