鹿児島城西・八方 亡き友に勝利を届けたかったが…「全国のレベルは高い 悔しい」

[ 2020年8月13日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   鹿児島城西1―3加藤学園 ( 2020年8月12日    甲子園 )

<高校野球交流試合 加藤学園・鹿児島城西>力投する鹿児島城西・八方(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 加藤学園と、甲子園“初出場”対決。全力で腕を振った。チームのため、そして亡き友のために戦った鹿児島城西のエース、八方悠介(3年)の夏が終わった。

 「楽しかったですけど、勝てなかったのは悔しいし、自分の責任もある」

 丁寧に投げた。2回はソフトバンク千賀を参考にしたスプリットと直球を軸に全てのアウトを三振で取り「思うようにいった」。その後も140キロ台の直球、スプリット、スライダーを中心にリズム良く0を並べたが、6回に適時打を打たれ先制点を献上。8回に2点ランニングホームランを打たれたところで、ベンチからタオルが投げられた。「(失点は)少し甘く入ったところを持っていかれた。全国のレベルは高いなと感じました。物凄く悔しい」と唇をかんだ。

 亡き友に勝利を届けたかった。コロナ禍で練習ができなくなり実家に戻ったとき、八方は一冊の本を手に取った。小学校時代の友人で中学1年時に白血病で他界した金高尚矢さんの両親が書いた本だった。一緒にバスケットボールをして遊んだスポーツ仲間。金高さんは当時の担任にこう話した。「なんでみんなはやりたいことやれるのに、全力でやらないの」。その言葉が頭をよぎった。「自分は好きなことをやれる立場なので。一日一日、一秒一秒を全力で生きていこう」。自粛で腐りそうになった心に火が付いた。

 投手から中堅に移っても「尚矢は最後の最後まで頑張ったな、と頭の中にぽんと下りてきて…」。3点を追う9回。左前打を放ち出塁。1死から代打・砂川の左翼線二塁打で一塁から三塁まで激走。一度は止まったが、左翼手がファンブルした隙に生還しガッツポーズ。「最後まで諦めていなかった。何事も全力でできた。そこに後悔はない」。プロ注目右腕に、涙はなかった。(杉浦 友樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース