仙台育英 秋夏の東北王者ならず 須江監督「いい勉強をさせてもらいました」

[ 2020年8月13日 05:30 ]

東北地区高校野球大会決勝   仙台育英0―8聖光学院 ( 2020年8月12日    石巻市民 )

決勝で敗れた仙台育英ナイン(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 仙台育英は東北大会の秋夏の連覇はならず、須江航監督は「ワンサイドとなって完敗。いい勉強をさせてもらいました」と潔く負けを認めた。

 宮城の代替大会は3年生だけで挑み、40人全員が出場して優勝。今大会は「全てを融合させて勝ちきる」と下級生も交えて臨んだが、一歩及ばなかった。4打数1安打に終わり、投げても5番手で1失点の笹倉世凪(2年)は「投打に活躍できず悔しい」。15日の先輩と戦う最後の甲子園交流試合、倉敷商(岡山)戦へ「3年生は尊敬する人たち。最高の準備をしたい」と雪辱を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース