阪神・藤浪 “グラスラ被弾”の反省胸に広島戦へ「同じミスしないように」

[ 2020年8月13日 13:54 ]

キャッチボールで調整する阪神・藤浪
Photo By スポニチ

 阪神の藤浪晋太郎投手(26)が13日、先発が予想されるあす14日の広島戦へ向けて甲子園球場での指名練習に参加した。

 1軍昇格後は3試合に登板して自身3連敗中も前回5日の巨人戦は今季最長の8回を投げて4安打4失点(自責1)と力投。着実に前進している。

 広島とは今季初登板だった7月23日に対戦し、6回にピレラに逆転のグランドスラムを被弾。今季2度目の対戦に「前回はコントロールに苦しんでいるとこでピレラ選手に一発を浴びてしまったので同じミスはしないように」と課題を胸に挑む。

 ローテーションが再編され中8日で巡ってきた18年以来、2年ぶりとなるカード初戦の先発。685日ぶりとなる白星を“4度目の正直”でつかみ取る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース