星稜・内山 信頼感抜群の野球脳と身体能力

[ 2020年8月13日 07:00 ]

星稜・内山壮真
Photo By スポニチ

 甲子園交流試合はこの日で前半戦を終え、15日から後半戦が始まる。今秋ドラフト候補も続々と登場する。

 星稜・内山壮真捕手は遊撃との二刀流だ。1年春からベンチ入りを果たし、正遊撃手として昨夏の甲子園準優勝。新チームからは正捕手としてチームをけん引し、代替大会では遊撃も守ってユーティリティーぶりを発揮している。

 林和成監督は「野球を知っている」と全幅の信頼を置く。星稜中時代は2度の全国制覇に加え、U15代表にも選ばれた。豊富な経験値でチーム内でも絶大なキャプテンシーを発揮している。1メートル72と小柄ではあるが、野球の頭脳と身体能力の高さが持ち味だ。

 打撃センスも高く評価される。高校通算本塁打は30本超。石川の代替大会では3連覇を逃して悔しい思いもしたが、交流試合では履正社と激突。昨夏決勝の再戦で大きく成長した姿を見せる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース