阪神・青柳 広島避けて中4日で5勝目 やっぱり雨柳さん、通り雨で幸運つかんだ?

[ 2020年8月13日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神7-6DeNA ( 2020年8月12日    横浜 )

<D・神(12)> 4回、バックの好守に笑顔を見せる青柳(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 最後の最後でチームトップの5勝目が確定した。苦しい中でつかんだ白星。途中から降った通り雨が、阪神・青柳に幸運を呼んだ。横浜のスタンドでも「雨柳タオル」が振られた。

 17年4月20日の中日戦以来、プロ入り2度目となる中4日での登板。前回7日の広島戦で3回6失点でKOされ、首脳陣は広島との再戦を避け、今季2戦1勝のDeNAを相手に指名した。だが、序盤に3失点。内容はゴロの山を築く本来のものではなかった。

 「立ち上がりに失点して、リズムも悪かった。逆転してくれたので何とか粘れたけど、リリーフにも負担をかけてしまった」

 それでも勝利は次につながる。次回は18日からの巨人3連戦(東京ドーム)が有力。勝ち頭に恥じない投球を期待したい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース