DeNA・ラミレス監督 惜敗も9回追い上げ称え「諦めずに戦うことができた」

[ 2020年8月13日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA6―7阪神 ( 2020年8月12日    横浜 )

<D・神>2回2死三塁、神里は右前適時打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 DeNAは2点を追う9回に佐野の適時打で1点差とし、なおも2死二、三塁と一打サヨナラの場面をつくったが最後は倉本が空振り三振。首位・巨人と3・5ゲーム差に広がったが、ラミレス監督は「結果としては1点足りなかったが、諦めずに戦うことができた」と最後の粘りを称えた。

 腎盂(じんう)腎炎を患っていたソトは6試合連続ベンチ外で左かかと打撲の梶谷も2試合連続欠場。7回には宮崎が右手首付近に死球を受けて負傷交代しただけに状態が心配される。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース