西武 辻政権初の6連敗…今季最悪借金7「消極的にならず前向きに」

[ 2020年8月13日 05:30 ]

パ・リーグ   西武2-6楽天 ( 2020年8月12日    メットライフD )

<西・楽>ベンチで険しい表情の辻監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は楽天・涌井の前に7回の森、メヒアの2者連続ソロによる2点のみ。16年7月2日の楽天戦以来の6連敗で借金は今季ワーストの7となった。

 辻監督は「涌井からは2、3点を取るのが精いっぱいと思っていたが、安打が続かなかった」と苦い表情。就任4年目で6連敗は初の屈辱だが「消極的にならず前向きにやるしかない」。一発のみで4打数1安打の森は「苦しい状況だが気持ちを切り替え目の前の一戦に集中していく」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース