加藤学園・杉山 ランニング本塁打で初出場初勝利 50M6秒1の快足生かした

[ 2020年8月13日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   加藤学園3―1鹿児島城西 ( 2020年8月12日    甲子園 )

<加藤学園・鹿児島城西>8回、加藤学園・杉山は中越えの打球を放ち、ランニング本塁打とする(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 春夏通じて初出場の加藤学園が鹿児島城西との「初出場対決」を制した。歴史的1勝を決定づけたのは1―0の8回2死二塁。2番・杉山尊(3年)が右中間を破る2点ランニング本塁打を放った。

 50メートル6秒1の快足を飛ばした。「三塁で止まるつもり」だったが、三塁コーチの手が回って一気に本塁へヘッドスライディング。「(三塁コーチの)野極(友太朗=3年)とは中、高と一緒。信頼してますから」と高校通算18号を振り返った。

 昨秋は打率・395の好成績を残したが、今夏の静岡代替大会では降雨再試合で初戦敗退して無安打。昨夏に続いて2年連続の最終打者となった。「何とかつなぐ意識でいって、最後は良い形で打てた」と夢舞台で見事に悔しさを晴らした。

 不振が続いていた3番・大村善将(3年)とともに2人で全3打点。「大村と打線を引っ張らないと、と思っていた。高校最後の試合はとにかく楽しかった」と笑顔だった。 (畑 大地)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース