6、7月のファーム月間MVP 日本ハム・樋口、広島・大盛を選出

[ 2020年8月13日 16:00 ]

広島・大盛(左)と日本ハム・樋口
Photo By スポニチ

 イースタン・ウエスタン両リーグは13日、6、7月のファーム月間MVPを発表。イースタンは日本ハムの育成選手・樋口竜之介内野手、ウエスタンは広島・大盛穂外野手がそれぞれ受賞した。

 樋口は立正大から19年育成ドラフト1位で入団。6、7月はリーグトップの打率・419、同2位タイの5本塁打、同2位タイの14打点と安定した成績を残した。

 大盛は静岡産大から18年育成ドラフト1位で入団。昨年11月に支配下登録された。6、7月は19試合でリーグ2位の打率・320をマーク。リーグ最多の6盗塁も記録した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月13日のニュース