オリックス・ルーキー頓宮、2戦連発となる決勝ソロ 増井は節目の通算150セーブ達成

[ 2019年4月19日 20:49 ]

パ・リーグ   オリックス5―4楽天 ( 2019年4月19日    楽天生命 )

9回オリックス1死、頓宮が左中間に勝ち越しソロを放つ
Photo By 共同

 オリックスが楽天とのシーソーゲームを制し、借金を1に減らした。

 先発の山岡が粘りの投球を続け、6回までに4―3と1点をリード。しかし7回に楽天・足立に痛恨の同点ソロホームランを浴びてしまう。

 しかし、土壇場の9回、6番・頓宮が1死走者なしの場面で、楽天・青山から2戦連発となる勝ち越しの2号ソロを放ち勝負を決めた。

 山岡は8回を投げ4失点も、今季2勝目。9回を増井が締め、今季5セーブ目、プロ野球14人目となる通算150セーブを達成した。

 楽天は先発の安楽が2度の逆転を許すピリッとしない内容。打線の奮起で安楽の負けを消したが、9回に救援の青山が痛恨の決勝弾を浴びてしまった。楽天の連勝は2でストップ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月19日のニュース