西武・源田4試合ぶり先発復帰へ 負傷後初フリー打撃「普通にできた」

[ 2019年4月19日 05:30 ]

自身のポスターとカメラに収まる西武・源田
Photo By スポニチ

 右手負傷で欠場していた西武・源田が、19日のソフトバンク戦(メットライフドーム)で4試合ぶりに先発復帰することが18日、濃厚となった。13日のオリックス戦で右手首に死球を受け、「右手関節挫傷」と診断され、翌14日の同戦では先発出場せず、プロ入りからの連続フルイニング出場が299試合で止まっていた。

 この日行われた全体練習では、負傷後初めて全てのメニューを消化。遊撃の守備練習はすでに開始していたが、フリー打撃は初めて行い、40球を力強くスイング。源田も「普通にできました。いつでもいける準備をしています」と手応えを口にした。馬場作戦兼守備・走塁コーチは「見た感じでは振れていた。何もなければいくでしょう」と話した。

 球団はこの日、新元号「令和」最初の試合となる5月1日からの試合日程ポスターに源田を起用したと発表。19日から1カ月間、西武鉄道各駅などで掲示される。チーム、ファンともに「たまらん」復帰となる。 (武本 万里絵)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月19日のニュース