増井、通算150セーブ達成 現所属先のオリックスに「少し恩返しできたかな」

[ 2019年4月19日 21:24 ]

パ・リーグ   オリックス5―4楽天 ( 2019年4月19日    楽天生命 )

9回に登板し、通算150セーブを達成したオリックス・増井
Photo By 共同

 オリックスの守護神・増井は9回、5―4と1点リードでマウンドへ。三者凡退に切って取り、今季5セーブ目を挙げた。これによりプロ野球14人目、節目となる通算150セーブ目となった。

 直前の攻撃で6番・頓宮が勝ち越しのソロ本塁打。ベンチの盛り上がりを感じながらの登板となった。「いい形で巡ってきたセーブの機会だったので、必ず抑えて勝ちにつなげようと思いました」と、増井は振り返った。

 2012年の5月6日に初セーブ。奇しくも相手は現在の所属先であるオリックスだった。増井は「クローザーとしてバファローズで使い続けてもらっているので、こうやって記録を達成して少し恩返しできたかな、と思います」と感謝の気持ちを述べた。

 インタビュアーから次の目標を聞かれると「次のセーブを取れるよう、また今日からしっかり準備したいと思います」との言葉。さらなる高みを目指し、増井は進み始めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月19日のニュース