日本ハム・王柏融、チーム4戦ぶり先制打「気持ちが凄く楽になった」

[ 2019年4月19日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム7―3オリックス ( 2019年4月18日    ほっともっと神戸 )

4回1死一塁、先制の適時二塁打を放つ日本ハム・王柏融 (撮影・後藤 大輝) 
Photo By スポニチ

 日本ハム・王柏融(ワンボーロン)がチームに4試合ぶりとなる先制点をもたらした。4回1死一塁で先発・山本から左中間を破る適時二塁打。17日に来日1号を放った好調を維持して「どんどん振っていこうと。(一本出て)気持ちが凄く楽になりました」と喜んだ。

 6回にも左前へ運んでマルチ安打を記録。「(日本の投手と)対戦していくうちにどんどん慣れていく」と、今後の調子向上も予感させた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月19日のニュース