中日3連勝で首位・ヤクルトに0.5差 与田監督「良い勝ち方ができた」

[ 2019年4月19日 22:37 ]

セ・リーグ   中日4―2ヤクルト ( 2019年4月19日    ナゴヤD )

<中・ヤ>勝ち星を挙げ、ドアラから祝福される笠原(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日が3連勝で首位・ヤクルトに0・5ゲーム差に迫った。

 阿部が決勝2ランを含む3打点と活躍すれば、先発・笠原も自己最多9奪三振の力投で5回2/3を2失点。救援陣もリードを守り抜き、与田監督は「2点差の競ったゲームを良い勝ち方ができた」とうなずいた。

 20日に勝てば、2016年5月10日以来、1075日ぶりの首位に立つ。ただ、与田監督は「目の前の1試合ずつしっかり考え、勝ちを増やす。その結果、首位になる」とどこまでも冷静だった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月19日のニュース