阪神 10年ぶり巨人に開幕から4連敗…3失策が失点につながり矢野監督「改善していくしか」

[ 2019年4月19日 22:19 ]

セ・リーグ   巨人12―4阪神 ( 2019年4月19日    甲子園 )

<神・巨> 渋い表情の矢野監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神が前夜の大勝劇の勢いに乗れず、巨人戦開幕4連敗となった。阪神が巨人に開幕から4連敗するのは、2009年以来10年ぶり。

 巨人の先発・菅野には6回まで無得点と封じ込められた。0―6で迎えた7回にドラフト3位ルーキーの木浪がプロ初本塁打となる3ランを放ち反撃したが、8回に一挙6点を失い、試合を壊した。3失策と守備の乱れも目立った。

 矢野監督は「全部点になったんかな。まあまあ、もちろん反省してうまくなっていって改善していくしかないよね」と前向きに話し、明日以降を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月19日のニュース