沈んだ表情の菅野「巨人は特別な球団」

[ 2011年10月27日 21:39 ]

 日本ハムに1位指名され、記者会見する東海大の菅野智之投手
Photo By スポニチ

 【菅野と一問一答】

 交渉権を獲得したのが意中の巨人でなく、東海大の菅野は沈んだ表情で複雑な胸の内を語った。

 ―抽選を見守った心境は。

 「今まで味わったことのない緊張感を感じた」

 ―巨人への思いは。

 「小さいころから試合をたくさん見ていたし、特別な球団という思いはあった」

 ―今後の進路は。

 「まだ決めていない。まだ(明治神宮大会での)日本一という目標があるので、まずはそこに向けて頑張りたい」

 ―決断はいつごろか。

 「(神宮大会出場権の懸かる)関東地区大会が終わってから少し間があるので…」

 ―日本ハムと交渉する意思は。

 「監督と両親と相談して決めたい。まだ考えていない」

 ―プロでどのような投手になりたいか。

 「何か記録だったり、ファンの記憶に残るような選手になりたい」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月27日のニュース