横浜 DeNA譲渡で11・2臨時実行委員会

[ 2011年10月27日 06:00 ]

 横浜球団を保有するTBSホールディングス(HD)とDeNAが28日に球団譲渡を日本野球機構(NPB)に申請した場合、12球団は臨時実行委員会を11月2日に都内で開くことが26日、分かった。

 臨時実行委では審査小委員会を組織し、野球協約第32条に従ってヒアリングなど審査を進めて11月9日の定例の実行委、12月1日のオーナー会議で承認か否かを決定する。各球団は2日までにそれぞれのスタンスを確認して審議。楽天・井上智治オーナー代行は承認には全会一致が必要としたが、中日・佐藤良平球団代表は必要なのは協約の条文通り4分の3の賛同とした。さらに決議に当該球団の横浜を除くかどうかの問題についても「協約に除外規定はない」とした。

 ▼松原徹選手会事務局長 選手は球団譲渡の不安よりも試合、練習の環境が今まで以上となることを望んでいる。環境を充実させ、選手を大事にしてもらえる会社であってほしい。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月27日のニュース