ドラフト6位 中日は韓国から、横浜は沖縄の日米ハーフ右腕

[ 2011年10月27日 19:19 ]

プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA

 プロ野球ドラフト会議が27日、都内のホテルで行われ、6位の指名選手が決まった。
 
 横浜は浦添商の佐村トラヴィス幹久投手、楽天は明大の島内宏明外野手、オリックスは龍谷の堤裕貴内野手、巨人は東芝の江柄子裕樹投手、日本ハムは専大松戸の上沢直之投手、ヤクルトは三菱重工神戸の古野正人投手、中日は信一高(韓国)の宋相勲投手をそれぞれ指名した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月27日のニュース