楽天 争奪戦参戦は 星野監督の鶴の一声

[ 2011年10月27日 07:29 ]

 楽天が宮崎日大・武田翔太投手(18)を1位指名する方針を固めた。すでにソフトバンクも1位指名を決めており、競合は確実となった。

 東洋大・藤岡貴裕の1位指名を回避し、武田争奪戦に参戦したのは指揮官の鶴の一声だった。当初はドラフト前日の編成会議に星野監督は出席しない予定だったが、26日になって急きょ出席。場所も指揮官が宿泊するホテルに変更された。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月27日のニュース