意外?東洋大で投手ドラ1 藤岡以前1人だけ

[ 2011年10月27日 17:38 ]

 2011年のドラフトでBIG3と呼ばれ、そろってドラフト1位指名を受けた藤岡貴裕(東洋大)、菅野智之(東海大)、野村祐輔(明治大)。東洋大の投手で過去に1位指名を受けたのは2007年の大場翔太(ソフトバンク)のみ。前評判に応える結果を出せない時期が続いたが、今季中盤から先発に定着。7勝を挙げた。

 東海大の投手は過去に上田次朗(元阪神など)、井辺 康二(元ロッテ)、久保裕也(巨人)、の3人(自由獲得枠含む、社会人経由は除く)。

 明大の投手は星野仙一(現楽天監督)、川上憲伸(米ブレーブス)など6人。野村は星野監督と出身大学だけではなく岡山出身という点も共通。“燃える男”として親しまれ、中日のエースとして君臨した先輩を超えることができるか。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月27日のニュース