ヤクルト球団社長 伝説にならい「左手でいきます」

[ 2011年10月27日 07:02 ]

 ヤクルトは都内の球団事務所で最終のスカウト会議を開き、東海大甲府・高橋の1位指名を確認した。

 競合は確実で、くじ引き役は昨秋ドラフトで2度外した小川監督に代わり、衣笠剛球団社長兼オーナー代行が担当。過去に90年代の中心選手を次々と引き当て、「黄金の左手」と呼ばれた故・相馬和夫球団社長にならい「左手でいきます。ぜひ当てたい」と意気込んだ。小川監督は東海大甲府の縦じまユニホームになぞらえ、ストライプのスーツで出席する。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月27日のニュース