吉見 待望のタイトル!「獲りたいなと思っていた」

[ 2011年10月27日 06:00 ]

セ・リーグの最優秀バッテリー賞に選ばれた中日の吉見(右)と谷繁

2011年度プロ野球最優秀バッテリー賞

 連覇を果たした落合竜のエースが待望の「タイトル」を手にした。初受賞となった中日・吉見は、充実の表情で振り返った。

 「こういう賞があるのは知っていたし、獲りたいなと思っていました。初めてなんで素直にうれしいです」

 勝数、防御率だけでなく、勝率、完封試合、無四球試合でもリーグトップ。特に18勝3敗で・857という勝率は、楽天・田中をも大きく上回り、12球団ダントツだ。剛速球や強烈な変化球はないが、精密機械のようなコントロールが最大の武器。状況に応じて頭脳的な投球ができるのも特長で、「勝てる投手」に成長した。

 「バッテリー賞ということですが、僕の場合は谷繁さんに引っ張ってもらったおかげで獲れたと思う。谷繁さんには感謝しています」

 クライマックスシリーズ、日本シリーズでも先発陣の柱として期待される右腕。念願の最優秀バッテリー賞を引っ提げ「投手王国」のエースの力を見せつける。

 ≪4度目受賞谷繁は「やった」≫5年ぶり4度目の受賞となった谷繁は「やった。この賞は凄く欲しかったのでうれしいですね」と喜びを爆発させた。プロ生活23年の経験を生かし、吉見、浅尾、チェンら若い投手陣を巧みにリード。投手王国の司令塔としてリーグ連覇に大貢献した。「捕手として認められる賞はなかなかないので、毎年獲りたいと思っていた。本当にうれしいです」と何度も笑顔をのぞかせた。ポストシーズンに向けては「いまさら個人成績にこだわる年齢でもなく、やれることはチームを優勝(日本一)させることなので」とベテランらしく話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月27日のニュース