英明高・松本、菅野の外れ1位にも満面の笑み

[ 2011年10月27日 20:43 ]

 香川・英明高の松本は緊張した表情を浮かべながらテレビでドラフト会議を見守っていたが、抽選で巨人の1位指名が確定すると満面の笑みを浮かべた。「(プロに)行ければどこでもよかった。早く1軍で活躍できるよう頑張りたい」とほっとした様子で話した。

 巨人の印象は「一流選手がたくさん集まっている」。長身から投げ下ろす真っすぐが魅力の大型左腕は日本ハムのダルビッシュを目標の投手に挙げ、「自分の持ち味は三振を取ること。それをプロでも見せつけていきたい」と意気込んでいた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月27日のニュース