野村「どこに行ってもプロ野球はプロ野球 競合してくれたらうれしい」

[ 2011年10月27日 06:55 ]

島岡元監督の銅像の前に立つ明大・野村

 東海大・菅野、東洋大・藤岡と並ぶ「ビッグ3」の一角の明大・野村は、12球団OKの姿勢だ。

 既に広島が1位指名を公表しているが「競合してもらえるなら、それだけ評価してくれてるということなのでうれしい」とし、「どこに行ってもプロ野球はプロ野球。球団にこだわりはありません」と藤岡と同様に12球団OKの姿勢を示した。

 ドラフト当日は午前中に練習を行い、ドラフト会議に合わせて練習を切り上げる予定。「周りが騒がしくなってきてるのは感じる。まだイメージはできないけど、待つしかない。楽しみにしてます」と指名の瞬間を待ちわびていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月27日のニュース