中日の外れ1位は「北陸の怪腕」星稜の西川

[ 2011年10月27日 06:00 ]

 中日 東海大甲府・高橋が競合で抽選を外した場合、外れ1位は星稜の右腕、西川健太郎(18)を指名することが濃厚になった。

 中田宗男スカウト部長は「いろいろな可能性がある。思いもよらぬ選手が残る可能性もあるし」と外れ1位について明言しなかったが、最速147キロの「北陸の怪腕」がその筆頭候補だ。

 ゴジラ松井の後輩にあたる西川は甲子園出場こそないが、1メートル84の長身から投げ下ろす直球が最大の武器。クセがない、しなやかな投球フォームは中日だけでなく各球団も高く評価している。外れ1位でも指名が重複する可能性はあるが、将来のエースも狙える素材だけに、あえて指名に踏み切る。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月27日のニュース