【巨人育成1位】森和樹 粗さ目立つも素材は◎ 育ててみたくなる147キロ右腕

[ 2011年10月27日 19:53 ]

森和樹(もり・かずき)投手 18歳 市柏 右投右打 1メートル85、93キロ

 93キロの巨漢投手は最速147キロ。体を絞ればキレが増し、重い球質がさらに生きてくる。真っ直ぐも魅力的だが、最近はあまり見なくなった縦に落ちるカーブは目を引く。さらにフォーク、スライダーもあり、制球力の粗さを差し引いても、素材としては、育ててみたくなる右腕だ。

 立ち上がりが悪く、回を追うごとに球速が増し、コントロールが良くなっていくのも面白い。恵まれた体をさらに生かし、クイックやフィルディングなどを時間をかけて磨き、満を持して1軍に上がった時にはスケールの大きい投手になっている予感がする。“先行投資”だが楽しみな投手。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月27日のニュース