【日本ハム2位】松本剛 肉体改造で通算33本塁打 それでも「僕は中距離打者」

[ 2011年10月27日 18:00 ]

帝京・松本

松本剛(まつもと・ごう)内野手 18歳 帝京 右投右打 1メートル80、80キロ

 高校通算33本塁打。夏の甲子園で左翼スタンド中段まで運んだ一発は圧巻だったが、2年生までは10本塁打。憧れのプロに入りたいの一心で冬場の肉体改造に取り組み、安定した下半身を使ってのバッティングができるようになり、飛距離が伸び、3年生になり、23本塁打を放った。

 それでも「僕は長距離打者じゃない。中距離打者」と松本。右打ちもできる技術は、1年生から名門帝京の遊撃手としてレギュラーを張ってきただけのことはある。守備、走塁とも無難にこなすが、プロでは勉強が必要なレベル。

 中学時代は陸上の選手。埼玉県で400メートル優勝という異色の経歴を持つ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年10月27日のニュース