満面に笑み浮かべる武田「本当にうれしい」

[ 2011年10月27日 20:03 ]

1位指名を受けたソフトバンクのユニホームを着てガッツポーズする宮崎日大高の武田翔太投手

 ソフトバンクから1位指名を受けた宮崎日大高の武田は「本当にうれしい気持ちでいっぱい。緊張していたが、いい結果に終わってよかった」と満面に笑みを浮かべながら話した。

 身長188センチから投げ下ろす最速151キロの直球が武器の右腕。“九州のダルビッシュ”と呼ばれる逸材は、チームの先輩となる杉内らを目標とする。ことし6月にヤフードームで杉内が登板した試合を観戦し「力を抜いても切れのあるボールで打者を翻弄できる」と感銘を受けたという。

 地元九州の球団ということもあり、喜びもひとしお。チームメートに何度も胴上げされ、約20回も宙に舞った。現在は下半身の強化に取り組んでおり、「まずは1勝が目標」と謙虚に語った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月27日のニュース