【広島1位】野村 制球力抜群の30勝300三振右腕「新人で10勝できる」

[ 2011年10月27日 17:24 ]

広島に1位指名され、記者会見で笑顔を見せる明大の野村祐輔投手

野村祐輔(のむら・ゆうすけ) 投手 22歳 明大 右投右打 1メートル77、72キロ

 大学“BIG3”の一人は、ドラフト直前の秋になって評価がさらにアップ。菅野(東海大)、藤岡(東洋大)をもしのぐ評価をするスカウトも少なくなかった。

 広島・広陵高時代から選手権準優勝と実績抜群で、明大入学後は1年春から登板。秋には東京六大学リーグで44年ぶりとなるシーズン防御率0.00もマークし、4年秋にはリーグ史上7人目の30勝300奪三振も達成、チームの4季ぶり34度目のリーグ優勝の立役者となった。

 ともに“BIG3”と称される菅野智之(東海大)、藤岡貴裕(東洋大)のような150キロを超える剛速球こそないものの、常時140キロ前半から中盤に達する直球はキレ、制球ともに抜群。スライダー、チェンジアップ、カーブなど変化球も精度が高い。

 リーグ戦で何度となく投げ合い、1年早くプロ入りした斎藤佑樹(早大→日本ハム)と同じく、打者を見ながらのメリハリをつけた投球が持ち味で、大きな故障なく4年間主戦として投げ抜いてきたことで故障しにくい投手であることを証明。投手の資質として大切な負けん気も強く、マウンド度胸は満点。最高のピッチャーだ。

 5月に早々と1位指名を宣言した地元広島のスカウト陣は「1年間ローテーションを守ったら10勝以上してくれそうだ」と期待を込めていた。

 ▼広島1位・野村投手(明大)高校(広陵高)で広島にお世話になり、また広島でお世話になることにほっとしている。なるようになると思って、この日を待っていた。ここからが本当の勝負。

 ▼広島・野村監督 ほっとしている。(単独指名は)いろんな情報合戦があったが何が起こるか分からないなと思った。(野村は)素晴らしい投手。福井とともに若い力で1年間やってくれれば。

 ▼広島・苑田聡彦スカウト部長「頭がいい。制球がいいからそう簡単には打たれない」

 ▼巨人・山下哲治スカウト部長「ウチの久保みたいだね。テンポも良い。間違いなくプロでも即戦力」

 ▼サンフランシスコ・ジャイアンツ・嘉数駿スカウト「内外角の出し入れができて変化球が素晴らしい」

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月27日のニュース