亀梨和也、映画撮影での“恐怖体験”語る「視線が冷たく、何をやっても…」

[ 2020年7月22日 05:30 ]

映画「事故物件 怖い間取り」完成記念イベントに出席した亀梨和也
Photo By スポニチ

 KAT―TUNの亀梨和也(34)が21日、都内で主演映画「事故物件 恐い間取り」(監督中田秀夫、8月28日公開)の完成記念イベントに出席した。

 亀梨は、いわくつきの部屋に住んだことからさまざまな恐怖に巻き込まれるお笑い芸人役。相方役の瀬戸康史(32)とコントの練習を相当積んだが、売れていないという設定のため「撮影でお客さんの視線が冷たく、何をやっても響かないのが僕にとってホラーだった。今までそういう目線を受けたことがなかったのはラッキーだった」と振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月22日のニュース