城島茂ら3人は子会社で「TOKIO」継続 長瀬の独立尊重「これからも応援して頂けたら」

[ 2020年7月22日 20:35 ]

「TOKIO」
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所は22日、「TOKIO」の長瀬智也(41)が来年3月いっぱいで事務所を退所すると発表した。城島茂(49)松岡昌宏(43)国分太一(45)は来年4月1日に「株式会社TOKIO」を設立し、ジャニーズグループ関連会社として「TOKIO」の活動を続ける。

 1994年のCDデビューから約26年。「TOKIO」が新たな道を進むことになった。報道各社に送付した書面では、これまでのファンのサポートに感謝し、「TOKIOのメンバーが時間をかけて、それぞれの人生について意見を交わした上で出した大きな決断に対し、弊社としても心から応援できる環境を整えるべく、寄り添って参りました」と今回の決断までの経緯を説明した。

 長瀬は22日夜、ファンクラブの「ファミリークラブ」会員向けサイトでコメントを発表。「事務所のスタッフやメンバーと何年も話し合いを重ねた結果、今日のご報告となりました」と記し、「どんな時も妥協せず一緒に頑張ってくれたメンバーや関係者、スタッフの方々に心から感謝しています。彼らが教えてくれた全てのことを大切に、来年の3月をもって芸能界から次の場所へ向かいたいと思います。皆様にはその時まで温かく見守っていただけたら幸いです」と決意をしたためた。

 城島ら3人は来年4月1日にジャニーズグループ関連会社「株式会社TOKIO」を設立。城島が社長、国分と松岡はそれぞれ副社長として経営にも携わりながら再出発する。3人は会員向けサイトに向けて連名でコメントし、「先代の社長から頂いた、この“TOKIO”というグループ名を閉ざすことなく」と決意を新たにしており、昨年7月に死去したジャニー喜多川さんが命名したグループ名は守っていく構え。「TOKIOはBANDから会社へ、自分達らしく、そしてこのTOKIOという名前に、恥じる事ないよう頑張っていきます!!」と誓った。

 3人は「長い時間」をかけて話し合いを重ね、長瀬の決断を尊重。「彼の、生き方、考え方を納得した上で、気持ち良く、彼を次の道に送り出す方向で話がまとまりました」と説明。別々の道を歩むことになっても「どうかこれからも、長瀬智也、そして新たなTOKIOを応援して頂けたらこれ以上の幸せはありません」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月22日のニュース