遠野なぎこ「国民は国のおもちゃじゃない」 22日スタート“Go To”に憤り

[ 2020年7月22日 22:21 ]

遠野なぎこ
Photo By スポニチ

 女優の遠野なぎこ(40)が22日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に出演、この日スタートした「Go To トラベル」キャンペーンについて「今やるべきじゃない」と批判した。

 国内観光需要の喚起を目的とした同キャンペーンをめぐっては、“族議員”への多額の献金を問題視する一部報道もあった。

 こうした状況を踏まえて、遠野は「裏でこういうことがあると落ち込みそう。国民は国のおもちゃじゃない」と憤り、キャンペーンの内容についても「すっごいわかりにくい。なぜスタートさせたのかわからない」などと批判した。

 アルピニストの野口健氏(46)は、娘の絵子さん(16)が住んでいるニュージーランドがコロナ感染者が現在ゼロであることを説明。「感染者が100人出たところでロックダウンした。徹底的に封じ込めた。(絵子さんは)日本のGoToキャンペーンにビックリしていた。よくやるねーと」

 一方、野口氏は今、経済を回さないとこの先、倒産、自殺などの負の連鎖が続く可能性があることからキャンペーンに踏み切ったと推測し、「安倍さんに、もっとメッセージをボンと出してもらいたい。そうなら僕らも腹をくくれる」と安倍首相に注文を付けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月22日のニュース