2児の母・若槻千夏 帝王切開の痛みを表現「侍が切腹するときってこんな感じ」

[ 2020年7月22日 06:10 ]

タレントの若槻千夏
Photo By スポニチ

 タレントの若槻千夏(36)が、21日放送の日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」(火曜後9・00)に出演。2度の出産について「普通分娩と帝王切開、両方痛いです」と経験を明かした。

 若槻は12年1月にファッション関連会社勤務の男性と結婚し、同年6月に第1子となる女児、17年4月に第2子となる男児を出産している。

 話題が「出産の痛み」に及ぶと、若槻は「私2人産んでいるので、2パターンで産んでいるんです」と普通分娩と帝王切開での出産を振り返り「両方経験していて、両方痛いです」と自身の経験を打ち明けた。

 MCの笑福亭鶴瓶(68)から「帝王切開も痛い?」と聞かれると、若槻は「帝王切開は、私、侍の気持ちって考えたことなかったんですけど、侍が切腹するときってこんな感じなんだって思いました」と独特の表現で表現。ともにMCを務める中居正広(47)から「麻酔じゃないの?」と問われると「麻酔が切れたときに、もう切腹した状態です」とその痛みを必死に伝えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月22日のニュース