芸能界 タレント退社ラッシュの理由…SNS、YouTube普及で露出維持が可能に

[ 2020年7月22日 21:16 ]

TOKIO長瀬が来年3月退所

女優の米倉涼子(右)と柴咲コウ
Photo By スポニチ

 芸能界では現在、退社ラッシュが続く。米倉涼子(44)は27年間所属したオスカープロモーションを退社し、4月1日から個人事務所で活動。同じく3月いっぱいで柴咲コウ(38)はスターダストを離れた。

 これまでは退社後に露出が減少することもあったが、SNSの台頭などもあり、個人事務所となっても変わらず仕事を続けられることが多い。またYouTubeチャンネルの設立や、ブランド運営で成功するモデルケースが増えていることも、退社を決断する後押しになっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月22日のニュース