TOKIO「DASH」で培った“物づくり”のイメージ 新たな危機も“会社づくり”で活路を

[ 2020年7月22日 22:15 ]

TOKIO長瀬が来年3月退所

ジャニーズ事務所
Photo By スポニチ

 藤島ジュリー景子社長が最初にマネジメントを手掛けたグループであるTOKIO。事務所を挙げてブレークが期待されたが、なかなか芽は出なかった。

 飛躍のきっかけになったのは日本テレビのレギュラー番組「ザ!鉄腕!DASH!!」。メンバーが米や村を手づくりする姿が人気を博し、今や「物づくり」がTOKIOのタレントイメージになった。

 山口の離脱からグループが立ち直りつつある中、長瀬脱退の影響は大きい。ただ、長瀬も41歳。昨年グループの25周年も終えた。他の3人としては引き留めることは難しかっただろう。

 グループの新たな危機の中、3人が立ち返ったのは「DASH」で発見した「物づくり」とTOKIOの親和性だった。会社づくりの経過を番組で紹介すれば話題になりそうだ。(文化社会部デスク・小枝 功一)

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月22日のニュース